「ほっ」と。キャンペーン
2006年 03月 14日

われらのとるべき道は  理不尽に決起することではなく  理不尽に忍耐することである!!

なぜか咳が止まらないんで、病院に行ったら風邪と診断されてしまったです!!


初めて行った病院だったが、肉々さんのように面白エピソードも何も無く診察終了。


本日の練習もガッチョリおこなう。


ただ、あるメンバーさんの耳が会うたびに形が変わっていってます!?


ここんとこ、土曜日は某ジムにて出稽古! 日曜日は管理マンさんのところで練習をしていましたが!


練習中に咳が出るたびに、「 花粉症です! 」 と言い張ってました・・・・・   


すいません風邪です!!


迅雷メンバーの皆さんも、うつったらゴメンナサイね!


ちなみに、今日は自転車男さんは風邪で倒れてはったみたいです!?





寒かったんで、近所の居酒屋で一杯ほっこりと飲って帰ろうと思ったんですが!!


そこのテレビでやっていたニュースを見て、久々に怒りで血が滾る思いがしました。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060314i113.htm


この事件は当時より注目し、また現在でも友人の中でも議論の的になることが多いんですが。


たしかにこの事件以外にも凄惨な事件はたくさんある世の中です。


だが、当時たまたま見ていた報道番組での被害者のコメントが、私の心に残っています。


私が被害者の方と近い年齢であることもひとつの要因でしょうが、彼のコメントのなかに


「言葉の表現を変えることで、被害者の犯した罪を軽くして欲しくない!! 乱暴目的ではなく、妻は強姦されたんです!!」


「私は加害者を殺してやりたい!!」


おそらくこの言葉は魂の奥底から出る、まさに血を吐くような叫びだと思います。


たしかに人の命は大切であり、他人がそれを奪って良いものではないかもしれません!


しかし、ただ自分の欲望を満たすためだけに二人の人間を殺してしまうことは許されるものではないでしょう!


たしかにえん罪の問題もあり、死刑廃止論がいけないとは一概には言えないかもしれません


でも、加害者の人権や内面などを考慮されるばかりで、被害者の苦痛や心情は無視されていることが多いのではないでしょうか?


そして、国民の血税使って衣食住を与える!?


なにか間違ってないか?


私がこの被害者の方の悔しさや悲しみ、怒りを代弁したりモノを言ったりしていい立場ではないことはわかっています。


でも、がんばってください! 心のそこからそう思い・・・・・  願います。


迅雷の日記にはふさわしくないページかもしれませんが、思ったことを書きました。


教訓  天網恢恢疎にして洩らさず
     (天の意思は常に公平で、悪事を犯した者は決して逃げることはできないということ)
      本当にそうあって欲しいです!

本日の練習参加人数     8名



追記 前回からのタイトルは、山口貴由氏の 「 覚悟のススメ 」 作中の葉隠一族信条から抜粋していました。

私はおそらく、理不尽に決起することはできても、忍耐することはできないでしょう!
この事件を見て、忍耐こそ難しいことであることを改めて思い知りました。
[PR]

by ikazuchi09 | 2006-03-14 23:28


<< われらのとるべき道は  理不尽...      われらのとるべき道は  平常心... >>